×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日のひとRiごと(2005年1月)

2005年01月31日
21:05 「ひとRiごと」の文面としてはまだ告知していないのではあるが、「”我が青春のバイクたち”のコーナーを楽しみにしている」とのメールを頂戴した。全くをもって、内容の骨格は定まってはいないが、「我が想い出」を中心にしたコラムを書きたいと思っている。単なるスペック情報をお求めの方は、ソチラ専門のサイトに行って下さい。▲ ジェンキンスさんが記者会見をした。その会見において、(北での生活で)最初の15年間は「犬並の扱いだった」と述べた。しかし、氏は拉致された身分ではないはず。あくまでも脱走兵ですから。なんとなく、その場その場に応じた臨機な発言が耳に障ります。しかし、母国の合衆国には91歳の母親が居るそうです。逢わせてやりたいと思うのも人情でしょうか。拙者が彼の境遇にあったとして、到底生き抜く自信はありません。今日の記者会見を(契)機に、新たな興味が沸いてしまったのは拙者だけでしょうか?






トップへ
戻る
前へ