×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2003年6月)

2003年06月22日
20:47 消費税2桁台増税問題。少子高齢化がもたらすこの社会問題は、少なくとも10数年前に予知して危険を回避できたはず。実際に給付金が支払い金を上回ってから制度を無理矢理変えようとしても、そうは簡単に問屋は卸さない。▲そもそも社会保険や年金制度なんてものはピラミッド型の組織下でその制度が成り立っていたもの。社会的に公的扱いはされるものの、所詮はネズミ構ではないか。▲団塊の世代が老後を迎える近未来。ピラミッド型の組織が成り立つ社会保障制度にあって、今後もこの制度は存続しうるのであろうか。▲どんな新聞紙面や雑誌を読もうとも、今受給する人を対象に記事を書いてる傾向が多い。ところが世間が知りたいものはその後の受給情報。▲不幸にもそこまで言及できる専門家はかつて存在してしない。(言いたくても、言えないんだろうけど)。▲「景気が良ければ」とか、「景気が回復すれば」などは民間の保険会社が予定利率を引き下げる為の言い訳。公的なものがこれでは困る。何故なら半ば強制的に資金を集めていたのだから。





トップへ
戻る
前へ
次へ