×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2003年8月)

2003年08月03日
12:31 コラムにツーリング編が登場してきたが、これは初回のもの。以降毎年旅は続けているので、ネタは半永久的にある。但しもっかのところ、我がHPのコンテンツに専用のコーナーがないので、テーマに沿った題材を選ぶのに四苦八苦。▲こんなバイクのコラムを書いていて、ふと献血に行かなければならないことに気づいた。早速昨日献血ルームを訪れたが、問診が厳しい。ご存じ、C型、B型の肝炎ウイルスの検査すり抜け問題が浮上しているからだ。これらのウイルスの主な感染源は輸血と性交渉。よって、過去最近の手術経験や海外渡航は重要な申告となる。申告のみで裏付けがないのだから、例え偽証しても献血は行われる。そこまでして献血者にはメリットは無いのだが、出回った血液に含まれるウイルスは万延することになる。かつて、血液製剤で多くの被害者を出したエイズは正にこの典型例。この時米国の献血制度は有価であった点を除いては。▲余談はさておき、400mlの献血に要した時間は僅か3分。毎度ながら、血管の太さといい、血の出といい、看護婦に褒められる。


トップへ
戻る
前へ
次へ