×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2003年8月)

2003年08月11日
21:55 朝5時起床。7時現地到着から、夕方5時まで真鶴・岩海岸で遊んだ。江ノ島や鎌倉の海水浴場で遊ぶのはせいぜい2時間が限度。それほどこの海岸は面白い。3年ぶりにこの海岸を訪れるも、規制が非緩和されていた。第一はバーベキュー(火気使用)禁止令。第2は遊泳区域の大幅縮小、及び遊泳区域内での足ヒレ使用禁止令。▲第一の制限に関しては、「ゴミ問題がその最たる目的」との事であったが、ニュアンス的には付近の「海の家」や「食堂」の絶望的な経営からの回復が目的。今日は相変わらずの肉無し・キャベツ無し、麺とソースのみの焼きそばが売り切れていた(一杯600円也)。▲第2の制限はライフガード及び町の責任転嫁と見た。新たな遊泳区域はブイに囲まれた公営のプール並の狭さ。それを無視して足ヒレ姿で遊泳区域に入ろうとしたら、金髪の女監視員が全速力で走ってきて言った。「ブイ内は足ヒレ禁止です」。▲「ブイ外ならいいの?」と、私。「ブイ外は全て遊泳禁止です」と、女監視員。「じゃあ、全て足ヒレは駄目って言えばいいじゃん」。私は食い下がった。▲すると女は「潜りは、岩場から入って下さい」。と言って、更に続けた、「そこは我々の監視外ですから」と。▲今日みたいに台風の余波が残る岩場での遊泳は危険である。一方、砂浜の波打ち際で溺れるバカなど居るわけがない。そんなとこの監視なんて誰でもできる。▲結局、ノルマンジーの逆上陸の様な状態で、岩場を乗り越えて湾外に出た。以外に海の透明度は高く、僅か1時間でサザエ8個の収穫。残念ながらアワビは私の力では捕れなかった。思えば、私に素潜り猟を教えてくれたのは金融機関時代の先輩で上司。実にいいことを教えて貰った。恩師という言葉にふさわしいのは、このような人のことだと思う。


トップへ
戻る
前へ
次へ