×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2003年11月)

2003年11月14日
21:05 さて、どんな旅行記書こうかな。旅先で出くわした、いろんな出来事そして人々たち。▲ 早速ですが、昨日の「ひとRiごと」の表記から、「恥ずかしながら・・・帰国・・・云々」についてデス。一部の我がHP愛読者方々には現地から英文、もしくはカナ英文字にてメールを送らせてもらいましたが、滞在中、不幸にもひどい下痢に見舞われてしまいました。今まで経験のない腹痛と発熱、これがコレラか腸チフスの症状なのか。余計な心配と共にまる2日間寝込んでしまいました。僅か持参した「正露丸」なんかは臭いだけで、全く役立たず。正露丸を飲んだとたんに、その水と共に30分後には肛門からそのままの姿で便器の奥に消え去りました。つまりは脱水状態。赤道直下の熱帯下での脱水症状は命取り。「このままではヤバイな」。薬局すら存在しない孤島で、思わぬところで救いの神が現れました。▲ 日本の薬は効用が弱いんです。反面、諸外国の薬は効き目が強いです。今回世話になった薬は現地名で「ENTROSTOP」。直訳すれば文字通りに「下痢止め」。この薬、箱売りはされておらず、バラ売りが基本でした。添付写真の通りですが、まるでトローチみたいですネ。私が購入したのは「4錠」のみ。これで約50円。ゲットしたのは駄菓子屋みたいな雑貨屋さんでした。多分、自家用の常備薬を分けてくれたんだと思っています。▲ これ1錠の服用でピタリと下痢が治まりました。お陰で、ギリアイルでの滞在最終日、腹の調子もよく、とことん酔っぱらわせてもらいました。「現地の薬はよく効く」。旅人の間での定説を身をもって体験させてもらいました。






トップへ
戻る
前へ
次へ