×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年1月)
2004年01月11日
09:38 無人の火星探査機「マーズ・ローバー1号機」が次々に鮮明な地表の写真を送ってくる。解像度の良さといい、量といい、ロボットの仕業とは思えない偉業である。そして、隣の惑星といっても、火星まではロケットで約半年ばかりの距離。その距離感を麻痺させるくらいに身近に感じさせるのだから、技術は進化した。やがて、私が生きている間に、火星に立つ人類の姿もテレビ越しに見られそうである。ベタではあるが、「火星は赤かった」が、その時の第一声であろうか。





トップへ
戻る
前へ
次へ