×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年2月)

2004年02月10日
19:56 いよいよ明日、「吉野屋」の牛肉の在庫が切れるらしい。当初の噂では、1月いっぱいと聞いていたので、わざわざ食べに行って、そのコラムも掲載していたのにである。▲ そんな今日に限って、いつもの5割り増しのオーダーが入ったそうである。駆け込み需要にも程がある。とは言いつつも、私も最後の牛丼をつついた輩の一員ではあるが。まあ、こと喰いモンに関しては、好みは人それぞれ。これまでに取り上げた我がHP掲載のラーメン情報に関しても、「私にとっては・・・」と、嗜好を限定しています。こと味に関しては、表現上、本当にコメントが難しいんです。余談ですが、当HPの前身は、旨い食い物屋の御当地紹介でスタートしました。今更ですが、人それぞれが旨いものにはこだわりを持っていることでもあるし、万人に個人的な好みを強要するのも酷なことに思えて仕方ありません。今回の「吉野屋」のように、旨くて、安くて、消費者誰もが満足できれば、それに敵う食堂・レストランなどはあり得なくなってしまいます。しかも永い年月を通してである。牛丼は新たな「国民食」として、立派にその地位を築いた栄誉に違いありません。かつて「吉野屋」のCFに起用されたOさんにあやかって、「国民栄誉食」を与えたいと思います。▲ 追伸ですが、近いうちに米国産牛肉の輸入再開は行われるでしょう。「牛丼は」永遠に不滅になってしまいました。「牛丼のない吉野屋」なんて、「キムタクの居ないスマップ」、或いは「若さのないアヤヤ」みたいなもの。古い表現で言えば、「八重歯のない石野真子」、「坂崎の居ないアルフィー」、「のみ行為現行犯で捕まった志村ケン抜きのドリフターズ」、「オッパイのない榊原郁恵」みたいなもの。折角のコラムを下ネタで締めくくってしまいました。申し訳ありませんでした。






トップへ
戻る
前へ
次へ