×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日のひとRiごと(2004年3月)

2004年03月02日
20:33 結局、「砂の器」を新刊本で、しかも新品で手に入れました。かかったコストは税込み定価の979円也。配送料はタダ、何故なら、最寄りの「セブンイレブン」での引き渡しだから。更に、現金引き換えだから、送金の手数料も発生しません。▲ 先週の「ひとRiごと」のコラムでも書いたけど、今回の書物で言えば、中古本でオークションの落札価格が400円を超えれば、トータルは赤字です。皆さん、よっぽどの離島や海外からオークションに参加しているのでしょうか。800円前後が平均的な落札価格の模様です。▲ 主演・中居君の帯付きにプレミアが付くのならば、当機目的のオークションに過ぎません。あと残り3回ほどの放映で、その価値も半減するとは思いますが。▲ 純粋に活字だけを読んで、満足するのなら新刊本で多いに結構。「ヤフー・オークション」の実体については後日、コラムに取り上げるつもりです。







トップへ
戻る
前へ
次へ