×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日のひとRiごと(2004年3月)

2004年03月04日
20:02 日本にも陪審員制度が導入されるか、否か。もっぱらの話題である。話題と言っても、新聞の隅の小さい記事ではあるが、確かに検討されていることは本当だ。正確には、「陪審員」ではなく「裁判員」と報道されている。▲ 私ごとではあるが、オーストラリア滞在中に、シェアメイトが、
「陪審員の選考に選ばれてしまった。面倒くさい。」
と、ぼやいていた。
 陪審員をくじやコンピューターがアットランダムに無差別に選んだことといっても、選ばれた方は僅かな日当に従って任務を遂行することが義務となる。よっぽどの理由がない限り、拒否することは出来ない。▲ かつて、日本でも陪審員制度が存在した期間があるという。全ての陪審員が、「右の意見に賛成」を連呼して、陪審員制度の意味合いが無かったために廃止された経歴のある制度らしい。▲ 我が国において、今ひとつピンとこない制度であるが、諸外国では当たり前の裁判制度である。邦画で、「12人の優しい人たち」というタイトルがあるので、これをご覧になっていただければ日本の陪審員制度の大体の概要がつかめる。







トップへ
戻る
前へ
次へ