×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日のひとRiごと(2004年3月)

2004年03月26日
20:55 本HPは一般には公開していません。基本的には我が旧友や旧同僚に年賀状を通じてアドレスを公開しています。ロボット型の検索サイトに登録される場合は、この限りではありませんが。▲ 3/20付けの「メインテーマ」の内容が反響を呼んでいます。今日頂いたメールの内容は、
「いらっしゃいませ、こんにちは!」
と、いうファミレスの挨拶が異常だというもの。遠く、熊本県からのアクセス、そしてメールをありがとうございます。私も訪れたことありますよ、熊本県。旧所・名所は忘れてしまいましたが、我がHPでも「熊本ラーメン」は推薦しています。こちら(関東)では、そのラーメンに最低でも600円の値を付けていますが、御当地では400円余りで食べられた記憶が残っています。まあ、味に関しては千差万別、ひいき目なコラムは極力控えてはいますが。▲ 表題の話に戻って、確かに「いらっしゃいませ、こんにちは!」の挨拶は不自然極まりありません。接待用語の第1の場面としては、「いらっしゃいませ」か「こんにちは!」の片方で充分なはずです。仮に両方を使いたい場合は、間に間髪を入れるのが普通の日本語ではないでしょうか。日本人が一生懸命に英会話を勉強しているのと同様に、外国人の方々も日本語を勉強しています。ネイティーブの日本人が変な挨拶会話を日常で行っていれば、「日本語は世界で一番複雑な言語だ!」と、誤解されてしまいます。そんな思惑も含めて、書いた3/20付けのコラムでした。







トップへ
戻る
前へ
次へ