×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年4月)

2004年04月07日
20:22 さて、本日のコラムも週末からの溢れ話題・第2弾「ソナタの男優来日す」です。今回は昨日と違って、特定の固有名詞が挙げらるので、書く方としては非常に助かります。▲ 来日して、注目を浴びたのは、お隣は韓国の俳優「ペ・ヨンジュン」さん。日本のお家芸だった「連ドラ」の人気をさらった「冬のソナタ」の男性主人公です。「冬のソナタ」は、2002年1月〜3月に韓国KBSで放送され、平均視聴率23.1%という韓国ドラマ界異例の快挙を成し遂げたドラマです。出演者のファッションが流行し、撮影(ロケ)場所が人気のデートスポットになるなど、韓国の若者を中心に圧倒的な支持を得た話題作になりました。日本でも、国営放送のBS2で放送されたのをきっかけに、ロケ地観光ツアーやヒロインとのパーティー・ツアーが企画されたりと、人気はうなぎ登りです。▲ 本ドラマを私はまだ視聴していませんが、韓国ドラマは素晴らしい素質を持っています。本HP「メインテーマ」の「韓国映画”リメンバー・ミー”を見て 2004/02/08」のコラムが、私の韓国映画・ドラマに関する率直な感想です。恋愛において、残酷すぎるくらいのストーリー展開が、いかにもドラマっぽいので人気があるのかもしれません。▲ 私が訪韓したのは西暦1999年のちょうど今頃の季節でした。当時、ソウルで流行の成年男子のヘアー・スタイルは、もみあげバッサリ・後頭部刈りあげの、日本でいえば約20年以上前に流行ったテクノカットでした。今回来日した「ペ・ヨンジュン」さんは、風になびく長髪に眼鏡姿。キャラとしては超軟派、弱々しく、男らしさを棄てています。そのファッションが現の我が国において流行るかはどうかは、甚だ疑問ですが、一度韓国ドラマを視聴することはお勧めします。舌を噛むような登場人物の名前さえ把握してしまえば、あとは日本のドラマを見るのと何ら変わりはないと思います。






トップへ
戻る
前へ
次へ