×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年4月)

2004年04月15日
21:19 残業で遅く帰ってきたら、「日本人人質開放」の特別番組で各テレビ局は大騒ぎ。「結果よければ、全て良し」の結末になりそうだ。今回の人質事件に関しては、これまでに多くの世論が入り乱れた。人道的ではない意見を代表して、「自業自得」の声も多かった。▲ 外務省の「海外渡航情報」の情報提供不足・危険度の判断ミスなども否めないが、何もこの時期に、バクダットに行く必要は、普通の常識では有り得ない。個人で復興作業や慈善事業などを遂行することが難しいから、自衛隊が派遣されたのである。個人で行くのなら、沈火を待ってから行っても遅くはない。火事場にひとり飛び込んでも、消火活動の邪魔になってしまう。▲ 自身の経験では、海外渡航の際、第一に、危ない国には行かないことにしている。第二に、安全な国の渡航でも海外傷害保険はタップリと掛ける。第三に、万一の場合は「(自分は)死んだものとして」、政府や関係各庁に迷惑を掛けないように家族に念を押してから出国する。▲ そもそも、留学や海外出張による海外渡航は、本人の決意よりも家族への説得に費やす労力が大きな壁になることが多い。人質が無事解放された(される)ことで、この件に関するコラムを蔵出しした次第です。





トップへ
戻る
前へ
次へ