×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年4月)

2004年04月20日
20:49 今日は24節季の内の「穀雨」。24節季とは、1年の長さを24等分し、それぞれに季節にふさわしい名称を与えたものです。しかし、単純に1年を24分割しただけで、季節を正確に表現することはできません。なぜならば、多少なりとも、地球が太陽の回りを公転する軌道は楕円になっているからです。つまり、ただ単に時間的に24分割すれば、季節感が少しずつずれていきます。では、天文学的に、黄道を24分割した場合はどうでしょうか? その場合には、暦上で誤差が生じてしまいます。▲ 結果的には、処置なしの状態です。そもそも、太陽と月との間での、動きの相関は存在しないのです。▲ これまで本HPでは何回か取り上げた話題ですが、結論から言って、新暦(太陽暦)は季節感は尊重されます。一方の旧暦では、その月内の一日を特定することは出来ますが、季節感は無視しています。要するに、暦上で季節感を表現するのは無理な事。世間一般で言われる、「暑さ寒さも彼岸まで」の語句は、統計学的な検知といえるでしょう。





トップへ
戻る
前へ
次へ