×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年6月)

2004年06月01日
21:44 仲間から、「『壱鵠堂ラーメン』の味を確かめて来て!」と、依頼された。「壱鵠堂」といえば、最近アメーバーのごとく増殖を謀る、北海道ラーメンのジャンルを売り物にするチェーン店である。が、これまでに、チェーン展開を謀るラーメン店で、旨いラーメンを食わせた例はない。▲ 本日、昼飯がてらに早速訪れてみた。「焦がし醤油ラーメン」を注文してみたが、感想は「まあまあ」と、言ったところ。麺と焼き豚(ホンの一切れ)は合格点だが、スープは薄くて、お世辞にも次回は永遠に行く気になれない。とは言え、ラーメン大盛りか小ライスが無料の特典サービスで付く。しかも、ギョウザ無料券が配られるので、次回からは実質的に、ギョウザ・ライス込みで600円で食べられることになる。▲ ここ暫く断っていたラーメン行脚の血が騒ぐ結果になってしまった。ライスやギョウザのおまけなんか期待しないが、旨いラーメンそのものが喰いたくなった。北海道の旭川の味を提供する老舗に「ペーパン」を推薦する。ヨコハマの何処かにあります。町田にも「R文(ライモン)」という旭川系では教祖的なラーメン屋があって、列んで食べたことがありますが、なんでこんなラーメンに時間を潰して列んだのか疑問に思えて仕方ない名店もあったりします。



トップへ
戻る
次へ