×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年6月)

2004年06月05日
22:00 今日の仕事は午後3時で暇をもらった。帰宅早々、「ゴッチの教養館」を2時間かけて執筆したが、アプリケーションのエラーで、モノの一瞬で苦労が泡と消えた。今どき、自動でバックアップの機能が働かない安モノのソフトも困ったもんだ。▲ さて、「”天使の傷痕”の舞台である”三角山”を探せ」の話題から、早速調査回答のメールを頂戴しました。「”三角山”なる地名は現存しないかもしれないものの、付近に現存する国土地理院が設定する”一等三角点”の名にちなんだ作家の語呂合わせ的な地名の命名ではないのか?」という内容でした。▲ 私自身、この地にこだわるのは駅名です。「聖蹟桜ヶ丘」、何とも高貴で上品な響きです。京王線にはこの手のネーミングの駅名が多くて、思わず駅前の風景を想像してしまいます。こんな名称が只の商店街や新興住宅街の総称にしてはもったいないのです。更に、今回頂いたメールには、「”コロンボ警部”や”古畑任三郎”にもこの結論を導くのは難しいのでは・・・」と綴られていました。そう言えば、ドラマ「古畑任三郎」の警部役の自宅に「分倍河原」が設定されていました。「聖蹟桜ヶ丘」と「分倍河原」って、確か近接していたと思います。京王線にミステリー。来週末、この地(三角点)を実際に訪れる予定です。画像添付の情報ありがとうございました。



トップへ
戻る
前へ
次へ