×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年6月)

2004年06月08日
21:42 「三角山」の正体が段々解ってきた。明日はその方面の配達日、付近の様子を伺うつもりだ。訪問本番の日は今週の土曜日。それまでに謎が解けるだろうか。たった今、以下の内容のメールを多摩市のHPに送ったばかりである。回答も含めて、新情報は「ひとRiごと」に随時アップする予定です。
 
 聖蹟桜ヶ丘周辺の情報を得るために市外からアクセスさせて頂きました。
 残念ながら目的の情報は得られませんでした。
 実は小説(天使の傷痕)の舞台「三角山」の所在を知りたいのです。
 小説には、その山の標高は200 m程で、聖蹟桜ヶ丘の駅から、多摩川とは反対方向に200mの地に存在すると記載されていました。実際の名称は「和田山」と呼ばれているらしいのですが、これらは昭和40年以前の情報です。
 何度かこの駅前を実際に訪れたことがありますが、目覚ましい開発には驚くばかりです。
 この地が実在するのであれば、是非とも「ふるさとマップ」に掲載していただきたく、メールを送った次第です。この件に関して、何らかの情報があればお教えいただきたいと思います。

神奈川県座間市在住

○○ ××



トップへ
戻る
前へ
次へ