×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日のひとRiごと(2004年8月)

2004年08月12日
20:53 「ストライキ」ねえ。響きはいいし、究極の選択後の行動を暗示する言葉だけれども。普通は、電力供給会社や公共の交通機関など、日常の人の暮らしに影響を与える企業や団体の一線で働く雇用者が行うものデスよね。▲ プロ野球がストに突入して、果たして生活に喘ぎもがく人々が居るのでしょうか? いっそのこと、1年くらい続いてもらえば拙者は助かります! サッカーもブームが去ったのか、一時に比べて中継がめっきり減りました。でも、重要な試合はしっかりとゴールデンで放映されます。それでいいんじゃないかな、半年間もシーズン完全中継は長すぎます。▲ ドラマ「人間の証明」が押されたことに関する管理人の苦情です。明日の出勤時間は早いから、遅くまで起きていられないし。職場にて、「昨夜見た?見ない?」の話題で盛り上がれるのも、どう考えても野球ではないし。でも、最大で30分の延長を宣言する最良のTV局。ビデオの予約も、他局に比べて少しはマシというもの。▲ 作家・森村誠一氏の「人間の証明」の映画化は我が青春時代。インパクトのあるサスペンス映画でした。氏の当時の住まいは、神奈川県内の厚木市。今も住んでいるかは知らないけど、市の近郊の団地でした。息子が拙者と同い年で、去年までジャイアンツの監督を務めていた人の母校に通っていました。チョット作品にクセのある作家だけど、「人間の証明」は完璧な出来です。何度見てもいいし、いいものはいい。そんな楽しみを踏みにじる野球中継の制度に文句があって、ストでも何でもいいから、とにかくスポーツ専用チャンネルを早く作ってもらいたい、外国みたいに。

トップへ
戻る
前へ
次へ