×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日のひとRiごと(2004年11月)

2004年11月11日
21:42 帰宅途中にコンビニで酒を買った。いつも愛用の安焼酎が目当てだったのだが、泡盛が全品半額セール中だった。普段の価格600円前後(二合瓶)では、高い買い物と諦めていたが、273円では買いである。臭みがあって、クセがある泡盛のこと。どうせ、売れ残りの在庫セールだろうが、酒ってホントに自由価格になったのですね。国鉄の駅構内にタン壺が在った頃の記憶を持つ世代にとっては驚きです。▲ 焼酎には甲類と乙類があります。違いは、週末掲載予定の「教養館」に譲るとして、沖縄の泡盛は乙です。永い年月を掛けて寝かせたモノを「古酒(クースー)」といいますが、こちらは高級ブランデーのごとく酔い心地は天にも昇る気分です。▲ 日本の南の果て「与那国島」特産の泡盛に「どなん」というのがあります。アルコール度数はナント、オーバー60°です。ここまでくると、酒税法上の分類から、「リキュール類」としてラベルに表示されます。なんだか酒を飲んでいるといった感じはもはや無くなってしまいます。アルコールランプのアルコールみたい・・・。


トップへ
戻る
前へ
次へ