×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日のひとRiごと(2004年12月)

2004年12月31日
14:11 今年最後の「ひとRiごと」になりました。最後にふさわしい、チョット長めのコラムにしようかな。▲ 今日は凄い雪です。子供でなくても、雪降りはルンルンです。大人は雪見酒の楽しみがありますからね。鴨ネギでもつつきながら、「紅白」見て・・・、コリャ最高の年越しになりそうですな。▲ こんな日に仕事じゃなくて、ホントについています。この大雪じゃ、仕事にならないです。街は、雪道に慣れていないドライバーで大渋滞です。仲間の中には、今日も仕事の輩が居ます。▲ 昨夜は、そんな今日も仕事の輩たちとの忘年会。10ヶ月ぶりに開催された「養老友の会」でした。残念ながら、「養老の滝」は「午後10時で仕事納め」とのことだったので、仕方なく「S木屋」へ。午後7時から、翌日の午前2時半まで実に7時間半も飲み続けてしまいました。その間、全く話題が尽きないのですから、好きな飲み会なんです。次回はいつ開催できるのかな? ▲ 昨日は、仕事を早めに切り上げて、念願の「ハウルの動く城」を劇場に見に行ってきました。入場料1800円はチト値段高いです。海外では数百円が相場だけにネ。海賊版のソフトが出回るのも肯けますよ。話は逸れましたが、肝心な内容の話です。ストーリーはハッキリ言ってつまらなかったです。前半の一部分では、連日の激務と満腹感が重なって、うたた寝状態でした。主人公のキャラも美男・美女ですし。一方、良かったのは絵(画像)です。大スクリーンで見ても、あれ程の細部まで丁寧に描かれているのですから。益々その分野での腕はあげました。音楽はイマイチでした。総合すると、観客動員等は、前回の「千と・・・」よりは劣ると思います。▲ 奈良県で起きた女児殺害事件の容疑者が自供しました。報道によれば、実に幼稚な犯行に思えます。事件後1月半も逮捕に至らなかった事件には思えません。第2、第3の被害者が出なくて幸いでした。被害者の両親が訴える「極刑以上の刑を」といった怒りの声明が、この事件の特異性を物語っています。▲ もう3日も前になるけど、金融機関時代の恩師からハガキが届いていました。ランカウイ島から出した絵はがきの返事なんだけど、いつもながらご丁寧に瞬時に返信していただく心配りに脱帽です。また、私なりの海外旅行をご理解いただいて、まさに心の恩師。先生の執筆する次回旅情作(オーストラリア、南米ペルー、エジプト編に次ぐ)が非常に楽しみです。葉書の文面には、「来年は南アフリカの旅を決行する」と、抱負を述べられていました。いつもながら、スケールのでかさは実に羨ましいです。▲ とにかく今年は仕事が忙しい一年でした。しかし、これがかえって良い年に繋がったかな。年末には、各関係する仲間たちとも逢えたし、いい年でした。来年も「ゴッチのホームページ」を宜しくお願いいたします。「年賀状15年史」も「16年史」に上書きしました。公開は2005年1月2日の予定です。





トップへ
戻る
前へ