×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日のひとRiごと(2005年2月)

2005年02月02日
20:28 あれから、もう一年の月日が経つのですね。「何の話か?」って問われれば、勿論、「牛丼がこの世から消えた日の話さ」と、答えます。「ひとRiごと」のコラムでは、前日の2004年02月10日付けでした。その時は、牛丼に対して、「”国民栄誉食”賞を与えよ!」なんて書いていましたねえ。▲ この日を記念して、大手牛丼チェーンのY野家は、2005年02月11日午前11:00より、この日限定で牛丼を提供するそうです。嬉しいですねえ、こんな企画を催してくれる企業が存在して。世間でも、きっと忘れられない日になると思います。当日は、結構マスコミも騒ぐのではないでしょうか。そして、こんなコラムを書いておいて、ホントに良かったと実感しています。日記形式のコラムを書き続けた成果の現れです。▲ さて、こんな話題に関しては厳しいばかりの本コラムですが、2月に入ってプロ野球が始動(キャンプ・イン)しました。昨日あたりの各マスコミは、「日本プロ野球を面白くする方法」と題して、関係各者を集めて討論会を開いていました。が、ハッキリ言って、こんな事を討論の議題にしているようでは「駄目だ」と思いました。面白いモノは、自然に面白いんです。その討論会で、しきりに使われていた言葉が妙に気になります。それは「儲かる」という言葉です。儲けるために、ドラフト制度を改善しても、余計儲からなくなるのがオチではないかな? カネに糸目を付けない球団が弱いのだから、カネに固執する必要はないと思うのですけど。昨今、どうも狂っています・・・、この分野は。
トップへ
戻る
前へ
次へ