×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日のひとRiごと(2005年3月)

2005年03月02日
20:55 今朝の早朝出勤。久しぶりに夜明け前の出勤となった。無事に起床できたまではよかったが、寒さのせいでバイクのバッテリーがあがっていた。購入してから7年余りのバイクであるが、バッテリーの活きの良さだけは自慢だった。▲ 早速、ショップに行くが、ナント一機1万円也。バ、バイクのバッテリーの値段ではない!。気を取り直して、今度は買い換えたいタイヤの価格を調べると1本5000円平均。工賃もタイヤ一本分が加えられる。▲ 「我が青春のバイクたち」の執筆も、こんなところに意図があった。昔のバイクは、機種本体の生産期間も長く、その分機種の種類は各メーカーごとに限られていた。昨今のカップラーメンのごとく、「流行らなければ生産中止」では価値も何もあったモノではない。流行の良し悪しはデザインにあっただけに、こけた開発チームの悔しさといったら計り知れない。▲ 昔は共通パーツが多くて、比較的安く部品が調達できたのに・・・。しかも、今のスクーターやフル・カウル・モデルでは工賃もバカにならない。「地球に優しい」と現代バカを気取っても、長持ちしない機種を次から次へと生産しては、逆に地球に悪影響を与えるのではないだろうか。「京都議定書」について、もう一度よく考えてみる必要があるかな。今日の「ひとRiごと」の話題は、ある大学生との日常会話がネタになっています。



トップへ
戻る
前へ
次へ