今日のひとRiごと(2005年8月)

2005年08月02日
21:09 よく、「ひとRiごと」や「ゴッチのHP」のコラムに於いて、「10年を一昔とすれば・・・」なんていう表現を使わせてもらっています。実は、壺井栄の小説「二十四の瞳」の冒頭部分のパクリなんですよ。▲ と、いうことで今年は戦後6昔の区切りの年。「やるかな?」と思っていたらやっています。ドラマ化された「二十四の瞳」。田中裕子の「おなご先生」以来の映画・ドラマ化ですね。当時はあまりの感動で、ナナハンを走らせて小豆島まで行ってしまいました。▲ 筋は分かり切っているストーリーだけど、何回見ても、読んでも、感動してしまいます。そして、「写真」というものの貴重さを改めて実感してしまいます。そんな経験もあって、オイラの所持する「集合写真」って、結構多いんです。



トップへ
戻る
前へ
次へ