×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2003年3月)

2003年03月24日
07:04 夕べ放映の「キム択」主演人気ドラマ「GOODLUCK」最終回。放映期間中の各航空業界への求人応募がウナギ登りたとか。ドラマでの歯の浮くような、現実離れした浮き世のストーリーには目もくれず、我が興味の核心は主題歌「山下達郎」の「RIDE ON TIME」。▲この曲、発リリースは20数年前、私が高校2年の時。直訳すると「時に乗れ!」というタイトルだけあって、当時「日立・マクセル」のカセット・テープのCMソングにこの曲が使われていた。▲会議等、単に会話の録音用メディアとして普及していたカセット・テープがレコードからのダビング用に新ジャンルとして登場した時代だった。ウォークマンが近い未来の登場だった当時、レコードプレーヤーを携帯用に持ち歩くことはまず不可能なので、どこでも手軽に音楽を楽しむ若者たちはもっぱらラジカセを携帯用に持ち運んでいた。ピーキーで重低音のサウンドを満喫するには、高パワーなアンプとドでかいスピーカーを兼ね備えたラジカセが必要だった。ヒッピー風の外人ならともかく、色白の日本人が大きなラジカセを担いで電車に乗り込む姿は異様で、そしてなによりも周りに大迷惑だった。▲「値段が高ければ、それだけ質も良い」。今考えれば変な迷信だ。音楽用のカセット・テープも「ノーマル」「ハイポジ」「メタル」と段階分けされて、私自身も「高いモノ」は「いい音」の迷信を信じ切っていた。個人的にランクの低い曲は安い「ノーマル」テープに、ひいきなアーチストのモノは高い金を出して「ハイポジ」仕様のモノに録音した。▲デジタルなサウンドに慣れてしまった昨今、たまに昔のコレクションを引っぱり出して聴くものの、音が歪んで、こもっていてとても聴けたものではない。高価だった「ハイポジ」「メタル」は尚更だ。当時の音響設備でいまだに使えるものといったらスピーカーくらいなもの。「大きい事はいいことだ!」チョコレートのCMではないが、3ウェイの超デカいスピーカーはいまだに狭い我が部屋で健在である。ところで、CD版「石川ひとみ・全集」なんてどこかで出ていないかな。


トップへ
戻る
前へ
次へ