×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2003年4月)

2003年04月14日
20:10 季節的にはそろそろかな? それとも、もう過ぎてしまったのかな? ▲何の話しかって問われれば、「イースター・復活祭」の話題だと答えます。日本人としての文化では全くお呼びでないこの記念日、諸外国ではコンビニやスーパー・マーケットも休みになるくらいの重要な日なのです。ただ、毎年決まった年月日がこの日に定められているわけではないので、その法則が知りたくて、早速調べてみました。▲イースター・デイ=キリストが死後3日目にしてよみがえったことを記念し、春の自然の甦りを祝うお祭り。復活の象徴の卵を食べたり、ペインティングした卵を贈り合ったりして、盛大に祝います。イースターの日どりは、325年の第1ニカイア公会議で「春分の後の最初の満月に次ぐ日曜日」と決定されました。▲「ハロウィーン」と並んで日本では馴染みの薄い「イースター」。私がオーストラリアに滞在した13ヶ月の間に2回経験しました。要は記念日の語源や歴史などは知らなくても、学校や会社が連休になればそれだけで盛り上がれる。そんな日だったとしか記憶にありません。ただ、チョコ・エッグのような中身空っぽの卵型チョコレートは何処に行っても売られていて、よく買ったものです。内側はミルク(練乳)でコーティングされていて、美味しかった。





トップへ
戻る
前へ
次へ