×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2003年4月)

2003年04月16日
20:26 A lady came to the hospital to visit a friend. She had not been in a hospital for several years and felt very ignorant about all the new technology. A technician followed her onto the elevator, wheeling a large, intimidating looking machine with tubes and wires and dials. "Boy, would I hate to be hooked up to that thing," she said.

"So would I," replied the technician. "It's a floor-cleaning machine."

いきなり英文で始まった「今日のひとRiごと」。ネタに困ったときのお決まりで申し訳ありません。「joke-of -the-day」の日替わりe-mail ジョークから最新版をお届けします。和訳は以下の通りです。

ある女性が友人の見舞いに病院に行った。彼女はここ数年病院通いはしたこともなく、新技術にうとかった。技術者が管や配線、文字盤で構成された大きな機械を押して、恐る恐るそれを見ながら、彼女の後にエレベーターに乗りこんだ。「青年!、私はこんな機械で身動きとれなくされるの嫌なの」。と、彼女は言った。
「私もそうですよ」。と、技術者は答えた。「(でも)それは掃除機ですよ」。






トップへ
戻る
前へ
次へ