×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2003年4月)

2003年04月25日
20:09 サーズ(SARS)の猛威が深刻になってきた。それと共にGWを前に各旅行会社や航空会社の経営も逼迫してきた。「こんな時こそ安く海外に行ける」。そう思う輩も多いはず。日頃ピーク時に「タカピシャな態度をとる旅行会社に天誅」を。ここ数日、我がコラム「ひとRiごと」で何回か訴えた主張である。▲乗客定員約500名のジャンボジェット機。空席を増やすよりも、例え1円でも取って乗客を増やしても,、飛ばす経費は一緒のハズ(機内食代1000円は上乗せするにしても)。▲経済は需要と供給で成り立っているのは承知のハズだが、キャベツやレタスと同じで、供給過剰の分が無惨にも捨てられるのは納得できない、実にもったいない話しである。

04:12 午前3時のローソン。霧雨降るなか、結構客はいるモンだ。なんか雑誌でもと思ったが、興味あるモノ何にも無し。仕方なく酒とつまみだけ買って帰路についた。こうして大型連休がスタートした。▲さて、宿題の和訳は以下の通り。
新婚の妻は夫が仕事から帰ると、こう言った。「あなたにとびっきりのニュースがあるの。もうすぐ家族が2人から3人になるのよ」と。夫は幸せで紅潮し、妻にキスしながら言った。「愛しの妻よ、オレは世界一の幸せ者だ」。それに妻はこう答えた。「明日の朝、私の母がここに引っ越してくる事をあなたは心よく受け止めてもらって嬉しいわ」。





トップへ
戻る
前へ
次へ