×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2003年10月)

2003年10月06日
20:17 新幹線、品川駅開業で新ダイヤを組んだJR。「のぞみ」に自由席を新設し、しかも大阪まで約2時間半。気になる金額は片道約15,000円也。単純に往復だと3万円か。ここで登場は、競争相手の各航空会社。値段は早い段階での予約なら、新幹線より航空券の方が安い。飛行時間も僅か1時間だが、問題は飛行場までのアクセス。羽田と、関空もしくは伊丹まで(から)の交通費、時間は馬鹿にならない。▲ そんなせせこましい対比とは次元が違う話。目下、私が探している海外格安航空券はバリ行き往復4万円以下。直行便だと往復7万円台が相場だが、シンガポール等経由地で飛行機を乗り換えるとグッと安くなる法則がこの世界では常識になっている。それでもその方が安い理由は何か。それは不人気路線への強制割り当て。つまり、一機のジェット旅客機に1人の客を乗せて飛ぶのと500人の客を乗せようとも、飛ばす経費は同じということ。ならば空いてる席に少しくらいの客を只で乗せても、損失に変わりはない。そのチケットを売った代理店の儲けが増えるだけ。これが海外格安航空券のしくみ。よって、この手のチケットは出発のギリギリまで自分の乗る飛行機会社や便名が決まらない。▲ 逆に、乗客同士の間では、お互いにいくらの航空券でこの飛行機に乗っているのかは誰も分からない。私が察するところ、往復で5万円から、長距離の場合は10万円以上の差があると思っている。別にチケットに額面が記載されているわけでもなく、その点スッチーは平等にサービスしてくれる。安い航空券だからと言って機内食が抜かれた話はまず聞いたことがない。▲ しかし、途中乗り換えの度に機内食が食べられてラッキーと思っているのは馬鹿な証拠。「タイム・イズ・マネー」の世の中、目的地に早く着くからこそ、高価な価値を築いているのが航空運賃なのだ。安い恩恵を有り難がるのは時間を持て余す年金生活者かフリーターくらいの者だろう。






トップへ
戻る
前へ
次へ