×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2003年10月)

2003年10月07日
20:16 まだプロ野球の今シーズンも終わっていないのに、やたらと次期・新監督の話題が多く挙がってきた。そんな中、世界の王さんの記録がアッサリと塗り替えられた。シーズン55本の本塁打記録を(アジア記録らしいです。世界記録は73本?)。新記録誕生はお隣韓国。これまで過去何年も日本で塗り替えられそうになる度に、国民が一丸となって阻止してきたのにである。阻止するのは簡単。敬遠すればいいのだから。しかし、「誰の指図でか?」や「真っ向勝負のスポーツ精神に反する行為」の指摘に、とりあえずはキャッチャーが座っていて、それでいてストレートのファーボールという実にわざとらしい敬遠策が暗黙の了解で行われていたのに。まあ、考えてみれば当時、王さんがいくつかの世界記録を樹立したときも、「日本の球場は狭い」だとか「圧縮バットはズルイ」とか、散々言われたもの。私は別に韓国プロ野球をけなすつもりは毛頭ない。ただ、アジアの一国の選手に記録を塗り替えられた当時のベーブ・ルースやハンク・アーロンの気持ちがよぎっただけである。▲ まだプロ野球の今シーズンも終わっていないのに、引退とか現役とか、ハッキリしない選手がいる。世界の犠打王・川相内野手。ここ数年、スポーツ紙は読んだことがないので、真相は詳しく分かりません。しかし、事の成り行きだけで判断すると、原監督の元、コーチに就任することがシナリオだったみたいで。監督が替わって、シナリオが狂ったのなら引退だけすれば納まりがつくというもの。なんでまた現役プレーヤーとして????人生上の犠牲はご免被るのか、それとも三審ゲッツーだけは回避したいのか。






トップへ
戻る
前へ
次へ