×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年1月)
2004年01月20日
20:15 明日は24節季の「大寒」らしい。地球の位置が、黄道上の冬至点をとっくに過ぎたというのに、寒さの本番はこれからだというのだから、大昔に季節を24に分割して表した知恵には脱帽せざるを得ない。▲ 今月末は旧暦のお正月。旧暦では、月の満ち欠けを見ただけで、カレンダーが無くてもその日がいつかが分かる仕組みになっている。最悪にも、新暦の太陽暦と旧暦に相関関係は無い。だから、旧暦には閏月どころか閏年が存在する。新暦で今年は閏年。いつもの年よりも余計に1日を計上する年だ。旧暦の閏年の場合は1ヶ月間を余計に1年に加えなければ、季節の帳尻が合わなくなってしまう。太陽暦を採用する我が国において、ピンと来ない話ではあるが、多くのアジアの国々では旧暦で物事を祝う習慣が根強い。新暦では正月明けの1・2月を海外旅行の閑散期と思って、この時期に休暇を取って、飛行機やホテルの予約が取れなかったという経験を持つ邦人の悲惨な話は、尽きることがない。





トップへ
戻る
前へ
次へ