×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年1月)
2004年01月29日
20:33 裁判事例の判定合否を問うTV番組が人気である。金曜・フジTVの「ザ・ジャッジ!」や日曜・NTVの「行列のできる法律相談」である。何れも、番組開始当初は面白く見ていたが、最近は判例主義による弁護士の「判断の決断不足」が前面に出てしまっていて、見ていても面白くも何ともない。▲ かつての時代劇、「大岡越前」のように、「庶民的で、誰にでも納得できる正義の味方的な弁護士や裁判官の姿が見たいなあ」。と、思っていたら、ドラマではあるが、放映されていた。毎週木曜夜8時放映は、「異議あり!女弁護士・大岡法江」。TBS日曜の「砂の器」と並んで、もっか連ドラにはまっています。歯の浮くようなセリフ尽くめのラブ・ドラマと違って、筋書きが命のこれらのドラマは多いに歓迎しています。





トップへ
戻る
前へ
次へ