×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年2月)

2004年02月03日
20:40 「ひとRiごと」の近日話題独占中ですが、今日もこの話題で勘弁願います。他の話題は後回しにします。▲ 他人にウイルス感染を与えてしまった以上、関連記事を新聞で探しましたが、日本国内に於いては、セキュリティが万全に近いために話題にはなっていません。さて、我が愛読新聞の「THE DAILY YOMIURI」の今日付けの新聞に関連記事が載っていました。ワシントン支局「AFP時事通信」からの転載記事です。見出しは、「Fears over MyDoom aftereffects grow」。以下、私なりに翻訳しました。直訳なので日本語としてはしっくり行かないと思います。日本では報道されるほど問題になっていませんが、コンピュータ社会の諸国では深刻な問題となっているようです。

「”My Doom” 余波による恐怖」 2004/02/03 THE DAILY YOMIURI Page,14「CYBERWORLD」より

 コンピューター・ユーザーやセキュリティ・システムに携わる仕事に就く人々にとって、過去最悪のコンピューター・ウイルスの進入に格闘を余儀なくされた先週末の攻防は、これまでに例を見ないものだった。当初は「My Doom−A」としてまん延したウイルスも、今や「My Doom−B」という更に危険なウイルスとして普及活動を続ける様相である。このウイルス(My Doom−A)は、「史上最速で全世界に広まった」と、米・対ウイルス担当長官の「Scott Chasin」氏は語る。更に、
 「この点において、我々は未だ、今回のウイルス(ワーム)によるピーク時の混乱を目の当たりにしていない。私ごとではあるが、どんな状況に陥るのかに興味はある。」と、語る。
 このウイルスを生んだハッカーは、「Unix operating system」と「Microsoft」が親会社の「SCO Web site」の破壊を目的に企んでいる。
 一方の「Microsoft 社」は先週、「My Doom−B」に関する容疑者拘束や情報提供者に対して、$250,000 の懸賞金を支払うと公表した。
 「Microsoft 社」の副社長兼顧問弁護士である「Brad Smith」は、このウイルス活動に関しては、「犯罪行為に相当する」と、発表した。
 更に「Microsoft 社」はこう呼びかける。「確かにパソコン・ユーザーたちにとっては致命的かも知れないが、防御ソフトを駆使することで防げるし、それがハッカーたちの検挙にも繋がるのだ」と。 
 ところが、「My Doom」ウイルスは、かの有名な「Kazaa file-sharing system(ゲーム・映画・音楽などを共有して配信するシステム)」に便乗して、ウイルスを添付して送りつけていたのである。これでは受け取った方は、たちまちにファイルを開いてしまう。
 カリフォルニア州に本部のある「Panda software」は次のように語る。
 「例え、”My Doom−A”による感染者が希少でも、このウイルスは瞬時に全世界に広がるであろう」
この意味は、メールの特徴からして、5分の1が感染すれば、400万のメールが汚染された計算になるということである。
 「My Doom−A」は高確率で感染する訳ではない。何故なら、ユーザーたちは高度のセキュリティを持って、感染を防ぐからだ。が、これらは新たな感染を拡大することを阻止しているわけではない。
 「Finnish antivirus 社 F-Secure部門」の「Mikko Hyppoenen氏」は言う。
 「初期型の”My Doom−A”に感染したユーザーは40%に達する。今もその数は増え続けている」
 ロシアの研究期間は語る。
 「”My Doom−B”は60万台以上のコンピューターで増殖し続けている。それも、”My Doom−A”に感染したものからである」
 最新の「My Doom」系のウイルスが水曜日に発見された(先週の)。このウイルスはワザとアンチ・ウイルスソフトに発見される仕組みになっていた。これは非常に野蛮である。そして、急速に広まることはしない。そして、これが今後普及すると見られるウイルスの傾向なのだ。
 






トップへ
戻る
前へ
次へ