×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年2月)

2004年02月18日
 20:24 私のオーストラリア滞在中の1999年11月に「Referendum(国民投票)」が行われた。そんな習慣に馴染みの薄い私はただ、興味津々でその様子を伺っていた。勿論、留学ビザで滞在中の私なんかに、是非を問う権限(投票権)など有りはしない。▲ その時の「国民投票」で問われた議題は、「オーストラリアが王制をやめて共和国化すべきか否か」というものであった。翌年のオリンピック開催を控えて、主催国の代表として、イギリス王室が開会の宣言をすることに対する賛否両論を唱えるタイムリーな世間の論争ともリンクしていた。結果は、45%が改憲に賛成し、55%が反対で、改憲案は通らず、今後もエリザベス女王を元首としていただくことになった。▲ 若年層と老年層の間で、意見が真っ二つに割れ、「Referendum(国民投票)」のもの凄さ、盛り上がりを身近に体験することが出来た。明日は、「エリザベス女王とオーストラリアの関係」についての話題です。






トップへ
戻る
前へ
次へ