×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年2月)

2004年02月19日
  20:41 オーストラリアは、今から200年ほど前にイギリスの植民地となって以来、イギリスの国王や女王が元首を兼務し、その代理人として「総督」を置いている。総督は、今では象徴的な存在でしかないものの、オーストラリアの政治が収拾できないほど混乱した場合は、首相の解任や議会の解散を行える権限を持っている。
 オーストラリアの国家を代表する人がイギリス人というのはおかしい、と考えるオーストラリア人も多い。建国以来、200年余りという浅い歴史の国家では、国家建立を成し遂げた1世と、自らが新しい国家を築き上げるんだと主張する新世代との対立があっても、何ら不思議はない。古来から存続する単一民族(琉球・アイヌも含めますが)による国家に生まれた日本人にはピンと来ないかも知れません。
 ハワイに次ぐ、リゾート地があるオーストラリア。僅か200年の建国以来、「アボリジニー」や「白豪主義」の民族的な偏見を生みだした悲劇の大陸でもあります。明日は「白豪主義」について、コラムしてみます。






トップへ
戻る
前へ
次へ