×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年2月)

2004年02月20日
21:22 もともとはイギリス人の流刑(リュウケイではなく、ルケイと発音)の地として、機能していた、いわば島流しの為の大陸がオーストラリアだった。まあ、島にしては面積が大きすぎるが。▲ こんな呪われた島(大陸)が、やがては巨額の富を生む天国へと変貌する。「ゴールド・ラッシュ」だ。大航海時代に、オーストラリア大陸を発見したのは、イギリスの探検家「クック」である。ゴールドラッシュのにぎわいは、とどまるところを知らず、世界中から黄金を掘り当てようとする人たちが移住してきた。(どこの馬の骨かも解らない人種に金儲けをさせてたまるか)。そんな思惑があったのだろうか、やがて、移民を制限する法律が作られ、白人中心の考え方が強くなっていった。 これが「白豪主義」と呼ばれるものである。▲ 1973年。資源大国のオーストラリアは、もはや他人種による知恵無しでは経済発展が望めなくなり、「白豪主義」は撤廃された。この僅かな期間の歴史は、経済や文化の発展を企んだ侵略者同士の醜い争いに思えてならない。何故なら、オーストラリア大陸には先住民族の「アボリジニー」の存在があるからだ。明日はこの「アボリジニー」の話題です。






トップへ
戻る
前へ
次へ