×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年2月)

2004年02月21日
07:57 1770年、キャプテン・クックの率いるイギリス船が現・NSW州の沖合に姿を現した。オーストラリア大陸の発見である。新大陸発見のビッグ・ニュースに世界が沸き立つ様子は、我々の想像では計り知れない。一方、先住民族のアボリジニは全くの無関心を装った。長い間、海のなかに孤立して生きてきた彼らたちにとって、はるばる海を渡ってきたのが「侵入者」だということは考えもつかなかったのである。この人の良さが後に悲劇を生むことになる。▲ 侵略者たちは次々に木をなぎ倒し、囲いを造り、家を建てた。やがて、アボリジニたちにとっての聖地も喰い蝕んでいった。ようやく事の重大さに気付けば、時は既に遅し。激しい抵抗は死をもって償わされた。歩兵銃を相手に、彼らの武器は威力を発揮せず、更に、免疫を持たない彼らにとって、白人のもたらした天然痘や結核などの伝染病は致命的であった。30万人余りの人口は百年足らずで半減し、20世紀に入ると6万人台まで激減したのである。▲ 現在、アボリジニは都市部に住む人たちと、遠隔地に住む人たちとに大別される。前者は、白人たちと共存していこうとする立場、後者は白人の保護から脱却し、自分たちだけの世界を築こうとする立場である。▲ ここで私のルポが登場する。オーストラリアの税金は高い。高福祉を誇る国家でもあるが、アボリジニを保護する税金も徴収されているという噂である。この税金で養護されるアボリジニの実体は、「仕事もしないで一日中飲んだくれている」といった話をよく聞かされた。いずれにせよ、悠々ともいえる時間を、そして自然と共に生きてきた生活や文化を失ってしまった代償は大きい。▲ 大航海時代に始まった帝国支配。決して日本人としても無視できない問題である。






トップへ
戻る
前へ
次へ