×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年2月)

2004年02月27日
21:57 当たり前の極刑の判決に大騒ぎの1日だった。量刑とは違って、罪の重さを計ることが出来ないから、判決を下す方はある意味では楽で、被害者側にとっては例え極刑でも軽すぎる。▲ 死刑のない米国においても、数年前に遺族立ち合いのもと、公開死刑が行われた。無差別爆弾テロ犯が被告人で、注射による処刑だった。事件に遭遇した被害者たちのもがき苦しむ最期とは違って、遺族が見た死刑囚の最期は安らかなものだったと語っている。






トップへ
戻る
前へ
次へ