×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年4月)

2004年04月28日
20:45 製本用のB5の用紙を求めて、近所の家電量販店に赴いたが、そのサイズのインクジェット用両面印刷紙は皆無だった。ところ広しと陳列棚が並ぶコーナーには、各メーカーの「A4紙」ばかりが溢れている。事務的に、世の中の紙が「A4紙」に統一されたことは承知していたが、今更ショックを味わった。書類一枚では、「A4」のサイズが手頃・規格化されても、束ねて読むとなれば、「B?」サイズが圧倒的に便利だ。特に、電車の車内、寝床やトイレでなどで読むには尚更である。プリンターやパソコンが普及したお陰で、単数印刷、単数文書が主流になった昨今のこと、私みたいに製本が目的で、紙を求めに来店する客など在りはしないのだから、もっとな話ではあるが。▲ さて、時代を先取りするのが趣味である当HPの管理人。近い将来に、製本ブームが到来するかもしれないことを予言します。自分で執筆などをしなくても、コピー機やスキャナ、プリンタなどの進化の賜物が、他人の著作に関わる資料をコピーして一冊の本が作れるわけだ。かつての、「CD-R」や「DVD-R」の様に(私にとってはDVDもかつての産物、今は興味ありません)、媒体(空メディア)が「B5」サイズの両面印刷可能なインクジェット紙になることは間違いないと思っています。▲ そもそも、そんなブームの前触れは、独占的なソフト価格のボッタクリにあると思っています。制作が困難とされてきた書物が、次の標的になるのではないでしょうか。余談ですが、最近では生CD-R・ロムの価格が高くなってきている気がします。著作権料が上乗せされて、定価に含まれているのだとすれば、今後はハード(CD-Rライター機)・ソフト(媒体)共に未来はないモノと考えられます。ブームが去った後の、末路は悲惨です。





トップへ
戻る
前へ
次へ