×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年5月)

2004年05月11日
21:41 「プリンターの進化はいかがなモノか」。と、大手家電量販店を冷やかし気分で訪れた。店員の一生懸命な説得をよそに、「要らない」の連呼だった。だって、写真並の印刷を誇れる新型プリンター(勿論インクジェット式)の交換インクは、6色カートリッジで5000円の定価は下らない。キャビネ・サイズで、光沢紙印刷すれば、10枚が限度だと思う。これでは高い写真になってしまう。▲ 私の、もっぱらの興味はレーザー・プリンターである。生憎、「キャNON」の1機種のみの店頭在庫だった。しかも、フルカラーには対応しておらず、白黒の印刷機能のみ。これで、7万円也の店頭販売価格だった。▲ 「印刷紙やインクなどの消耗品で儲けられれば、買い換えが困難なハードの価格などは、適当でもいいのだ」。が、メーカーの「見えざる手」なのだろうか。私もインクジェットのプリンターを使い続けているが、もう我慢の限界だ。メーカー独自の「カートリッジ」というものほど、使っていて馬鹿を見るモノはない。フイルムや電池のように、せめて規格化してくれれば、ユーザーにとってはこれほど有り難い文明の利器はないのであるが。 




トップへ
戻る
前へ
次へ