×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年5月)

2004年05月16日
20:41 久しぶり(24時間ぶり)の更新です。更新目当てにアクセスされた皆さん、ご免なさい。「今日のひとRiごと」以外にも、時間をかけて、ゆっくりとコラムを楽しめるが本HPの趣旨ですから。そんなときは過去のテーマをプリント・アウトでもして、公園や電車内で読んでいただければ幸いです。▲ さて、近所のお宅から、釣りのおすそ分けとして、釣りたての鰺をいただいた。やきとりに続いて、管理人が拘る酒の肴です。当然、「鰺の叩き」が今日の話題です。例え養殖物の鰺でも、活け作りや、〆たての鰺の刺身(叩き)ならば、天然モノと比べても何ら引けはとりません。鯛にしても、鰺にしても、鮮度が命なんですね。養殖の「鰺の叩き」とはいえ、大手居酒屋チェーン・「庄YA」のこのメニューは活け作りです。安くて不味い居酒屋がもてはやされる昨今、自分は夜勤明けの午前3時頃独りでこのチェーン店を訪れて、このメニューをオーダーしたものです。伊豆辺りの宿や料亭でも、最近では「鰺の叩き」は作り置きが当たり前。魚自体が小さいから、捌くのが面倒なんです。伊豆だからといって、「新鮮なのは当たり前」と、騙される輩が多いのも事実です。そんな店に限って真鯛やヒラメのお造りを勧められるものです。一口目は旨くても、その後飽きるのが高級魚の欠点です。最寄りの駅前でも、旨い活け作りが食べられるのだから、時代は変わったものです。まして、食材を無視した料理がもてはやされる居酒屋チェーンの「W民」「S木屋」「Mら来」「Z八」「○笑」などの存在も時代の変遷なのでしょうか。




トップへ
戻る
前へ
次へ