×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年5月)

2004年05月22日
21:18 夏目漱石の小説に「明暗」がある。何故か、小泉首相が北朝鮮を訪れるたびに、関係各者には、この「明暗」がもたらされる。今回も例外ではなかった。「暗」の主役は、蘇我ひとみさんと拉致被害者の安否情報に携わる関係者たちだった。「結果」というものが、公平に順番に「明」を与えるものとするならば、今回も「吉報」に恵まれなかった家族たちがいる。▲ 前回の首相訪朝の時は、向こうの一方的な調査によって、この問題を簡単に片づけられる様相が示された。その点、今回の首相の決断は慎重だったと思える。横田めぐみさんや有本恵子さん、そして田口八重子さんたちが、いつか生きて日本に帰る日を待ち望んでいます。少なくとも、今回の首相訪朝によって、絶望的な報告を受けなかったことが幸いです。ただ我々は、確固たる証拠をもって証明される事実が知りたいだけです。その為には、多少の時間がかかってもしょうがないのではないでしょうか。小泉さん以外の歴代の総理大臣では、訪朝すら出来なかったと思っています。




トップへ
戻る
前へ
次へ