×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年5月)

2004年05月23日
16:29 物心のついた青年たちが、突然外国人だと知らされれば、さぞかし驚くことだろう。そして、噂の国に送られた。昨夜の出来事から一夜明けて、マスコミ恒例、結果論を批判する報道合戦が繰り広げられた。そして世間も振り回される。事実を速報で伝えているウチは良かったのにである。▲ 今週に入って何回か、関連のコラムを書いてきた。あくまでも「日朝国交正常化交渉」が首相の訪朝目的であるとも書いてきた。昨日の会談の冒頭、金主席(今は違う肩書きなのかな?)はこう発言した。「前回の日朝会談では拉致問題を生んでしまった」。案の定、再交渉は約2年もストップしてしまう。1歩、2歩でも国交正常化に向けて進展すれば、結果はオーライではないか。政治ネタまでワイドショー化される昨今において、適切なコメントを投げるコメンテイターもいるから救いだ(アイドル・タレントだったりするから面白い)。▲ もともと国交のない国。拉致被害者的な立場の我が国よりも先に、憎しみや苦しみを我が国に抱いている国家である。我が少年時代、中国との国交が正常化され、子供ながらに感動した記憶が甦る。「拉致問題の解決抜きに国交正常化はあり得ない」とする我が国の主張は強くて厚いものだ。拉致問題の解決の為だけの訪朝なら何も総理が出向くこともない。時と共に忘れ去られて、他の大きな事件を追うマスコミが、この時とばかりに拉致問題を表立たせる根性がセコい。▲ 残念ながら、今回の小泉首相の訪朝によって、死亡宣告された被害者たちの新情報は得られなかった。私の予期した結論が出されなくて正直ホッとしているのも事実である。しかし、今回の訪朝でその件に関する再調査が約束された。「先送り」という言葉にも、時と場合によってはいい場合もあるかもしれない。勿論、HPとはいえ、そんな想像だけの内容を掲載するわけにはいかない。いつか無事に帰国できる日を待ち望んでいます。▲ さて、昨夜は仕事を終え、公約通り真っ直ぐに帰宅してテレビを前にした。特別報道の定番である国営放送が、事もあろうにプロ野球を中継していた。当然、特番を組んだ「旧・朝日放送」にチャンネルを合わせると、Wアナがいつもと違って興奮気味でテンションが上がりっぱなしだった。




トップへ
戻る
前へ
次へ