×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年5月)

2004年05月27日
20:36 昨夜、久々の友人から、メールが届いた。何でも、男子バレーボールの五輪予選の試合をテレビで観戦中、マルコスを見てたら、私を思いだしたそうだ。女子バレーは予選を通過、晴れて2大会ぶりに五輪の出場が決まったらしいが、私には何の興味もありません。理由は、そのスポーツ自体がつまらなくなったから。昨今のバレーボールのルールは最悪です。オリンピックとはいえ、参加意義だけで観戦する気にはなれません。少なくとも、2昔前(1昔=10年)のバレーボール競技は見ていて面白かったです。例え、ひいきのチームが勝とうが、負けようが。スポーツというものを根本から見直す時期が到来したのでしょうか。今期の米大リーグにしても、我が「ひとRiごと」で取り上げられた話題は、松井稼頭央の初打席・先頭バッター・ホームランのみです。ハッキリ言って、それ以外にアクセス者に満足させるネタがないのです。世間では、もう飽きてしまったのかな? 大リーグブームも。案外、ゴジラも来シーズンは日本でプレーしていたりして。▲ と、いうことで、今日の話題は予め、「5年後に実現が決まった裁判員制度」について、辛口でコメントをするつもりでしたが、急遽話題を変更いたします。この話題は、後日閑なときにでもアップします。▲ 「北朝鮮による拉致被害者・家族の会」に対する世間の批判が高まっています。これまで、世間を身方に行動してきた家族会も、世間を敵に回す様な発言には、私自身小泉首相の再訪朝直後から「危ない」と危惧していました。まして、「子供の遣いの方がマシ」とか「総理大臣辞めろ」等の発言はアウトと思っています。更に、会長の「Y氏」は、「マスコミは、我々が総理への不平を言う場面しか報道してくれなかった。(御礼を述べた部分は編集でカットされた)」と弁解しています。そもそも、国が動かないから、マスコミや世間をまずは動かした団体なのではないでしょうか。どんな政治家も実際には動いてくれない中、小泉首相だけが陳述に応じて(僅か10分)、実際に北朝鮮に渡ってくれたのではないでしょうか。世界を相手に、外交という仕事は、簡単な職務ではないと思っています。ましてや子供は勿論、野党の党首にすら出来ない技だと思っています。「核問題」「食料支援」そして「拉致問題」。など、混濁する諸問題を短時間で処理する能力を持つ人間は少ないはずです。まして、「拉致問題」が存在しないと仮定するならば、真っ先に「核問題」を「国交化交渉」の引き合いに出すことが予測される我が国民のことです。つい5〜6年前に、日本本土を飛び越えて、太平洋に着弾した「テポドン」の騒ぎを忘れてしまったのでしょうか。ここで、「10人の安否情報」は再確認すると約束されたのだから、それでいいではないか。この約束が果たされない時に、改めて文句を言えばいい。北朝鮮まで、わざわざ飛行機で飛ばなければ、そんな確約も取り得ない間柄の両国国交なのである。家族間で、電話や手紙での連絡も取れない国。海を隔てて隣国にありながら、世界一遠い国こそ北朝鮮なのだ。




トップへ
戻る
前へ
次へ