×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年5月)

2004年05月31日
21:23 折角、小泉首相が北京での再会案を唱えたのに、当の曽我さんは、「北京以外の地で」を主張している。北京を持つ中国にとっては、甚だ失礼な話である。北朝鮮の監視が無くて、かつ夫の訴追が免れる国で、英語が公用語である国となれば、該当するする国は、フィリピンか香港ぐらいしかない。永住の地を探すのであれば、それでもいいのであるが、ひょっとして蘇我さんは、それを考えているのかな? もしくは家族の亡命? とりあえずは家族同士の一時的な再会の機会を政府は考えているのだけれども、なんか例によってこじれそうな様相です。あくまでも一時的な再会が目的であれば、北京が一番の地と私は思っていますが。




トップへ
戻る
前へ