×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日のひとRiごと(2004年10月)

2004年10月26日
22:16 毎回であるが、大規模な災害が起きるたびに思うことがある。マスコミによる第一報は、「情報を伝える」という点では有り難い存在であるし、世間のために多いに役に立っています。ところが、災害後2〜3日も経つ頃には過激な取材合戦に変貌してしまいます。執拗なインタビュー画面を見る度にウンザリするのは当HPの管理人以外でも多いはずです。▲ 被災地への、コンビニ各社を始めとする企業による食料・物資の支援が報じられました。が、飯ネタにしているマスコミ各社が支援したという報告はありません。▲ 飯ネタが他にある以上は、あれほど騒いだ日本プロ野球の今シーズン決定戦など、どうでもいいのでしょうか? いつの間にか終わっていました。今年のプロ野球は。▲ T日とS武という両リーグ代表球団の組み合わせがいけなかったのだろうか? 松井のヤンキースがワールド・シリーズに進めなかった段階で、今年の野球ネタは終わりだったのだろうか? ファン達も、あれほど
 「プロ野球存続のため」
 「野球が好きだから」
 「ファンの気持ちを大事にして!」
なんて騒いでいたけど・・・・
 別に悪いのはファンではないと思っています。火を点けて散々騒いだマスコミのせいでしょう。しかし、踊らされた聴衆にも責任はあります。別に変な小細工をしなくても、魅力あるプロ野球なら自然に視聴率は上がるハズです。すると一番の悪の元凶は選手達ということになります。
 「たかが選手のくせに・・・」
 あるお偉いさんのコメントでしたが、言いたいことは拙者には解っていたつもりです。





トップへ
戻る
前へ
次へ