×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日のひとRiごと(2004年12月)

2004年12月12日
20:27 6日ぶりの更新です。毎度のアクセス有り難うございます。▲ と、いうことで今朝成田に到着しました。帰国後の印象は「メインテーマ」に掲載済みです。今回の旅でも、様々な異人種、異文化と接して参りました。年々、我が英語でのコミュニケーション能力も向上して、今では何ら緊張することもなく、自然体で現地人や西洋人と会話が弾むようになってしまいました。そんな外国人から発っせられる第一声は、
 「日本人と会話できたのは、これが初めて」
です。
 世界中で、何処の土地に行っても遭遇する日本人観光客たち。そんな輩たちとコミュニケーションがとれないのが、現地で出くわす外国人たちのストレスの要因だそうです。
 まあ、拙者にとっては、「時は金也」。自分なりに最短で英語能力を身につけたつもりです。いろんな社会問題なども、とりあえずは英語で説明できるまでになりました。
 さて、それでも説明しきれない分野があります。それは日本人の余暇情報です。自分自身の境遇では、5勤1休の週勤体制。一日当たりの労働時間は12時間以上。全世界的に週40時間労働が当たり前の労働基準において、この基準ではオーバー・ワークです。そこで、質問されるのが、
 「日本人は皆、そのくらい働いているのか?」です。
答えは、迷わず
 「No」です。
 すると、すかさずに、こんな質問が来ます。
 「じゃあ、日本国民はどんな休日の過ごし方をしているんだ?」と。
 これが拙者にとって、一番答えにくい質問です。英語での表現でなら、いくらでも答えられますが、解ってもらえないのらなば、答えの仕様がありません。
 仕方なく、自分の日常で、「寝て過ごす」と、答えるようにしています。それでもやっと相手は納得している様子ですが、決して私の本心の答えではありません。





トップへ
戻る
前へ
次へ