×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日のひとRiごと(2005年1月)

2005年01月04日
20:46 サザンの「TSUNAMI」。1999年に大ヒットした曲だけれども、もともと「津波」って言う語句は、災害用語ですよね。その姿を遠くから見て風情を感じたり、恋愛の比喩として使うほどロマンティックな意味は含まれていないと思います。この曲を初めて聴いたのは、その年、留学先のオーストラリアででした。
  「思い切ったタイトルを付けた曲だなあ」
と、思って聴いていました。▲ そんな意見を同調してもらう会合・「養老友の会」のメンバーたちと飲んでから早5日、その間に世界的な被害者数は倍増しました。さすがに、日本のマスコミも新潟の地震に関しては退いてしまっています。それ程、今回の被災地の状況は悪いようです。それにしても、タイミングは最悪でした。クリスマス休暇の真っ只中ですから。拙者事ですが、この時季は旅行費がバカ高いので避けました。地震が2週間早ければ、完全にアウトでした。▲ 個人的なバカンスを楽しむ輩たちだから、災難に逢った結果は自業自得なのでしょうか? 稼いだ金を国外で使っている以上、彼らへの義援金の支援は無理なようです。しかし、現地で暮らす人々の衣食住の生活が奪われた点で、災害事実は同じハズです。観光客目当てに発展したリゾート島・ピピ島は壊滅しました。復興までには、少なくとも10年以上の月日を要するそうです。観光名所として経済が成り立っているリゾート地としては、事態はまさしく深刻です。






トップへ
戻る
前へ
次へ