×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日のひとRiごと(2005年1月)

2005年01月18日
20:09 昨日はどういう訳か更新できませんでした。折角、時間をかけて「ひとRiごと」のコラムを書いたのにです。書いたからには、内容に責任を持って、一切の削除は禁止しているので、少々太りすぎたようです。メインのサイトだけで10MB丁度の容量ですから。毎日保存するにも時間がかかって大変です。今の時代に、512MBのメモリーではキツイのでしょうか? 一応、1月17日分の「ひとRiごと」は最後に青字で掲載しておきます。▲ 「国営放送の番組に政治家の介入があったとか、なかったとか」。関東地方では1チャンネルと10チャンネルがニュース番組内でバトルを繰り広げています。国営放送の不祥事続きに、トドメを刺す民放(10チャン)の仕掛けた喧嘩のようですが、残念ながら聴衆にとっては水掛け論に過ぎなくて白けています。もともと、3チャンネル(教育テレビ)で放映された番組なら、どうでもいいような気がしますが・・・。▲ 「ゆとり教育」を見直すとか、見直さないとか。学力が低下すれば、ゆとりも何もあったものではありません。半ドンでも、土曜日は学校に行くべきだと思っていました。勤勉・働き好きな日本人ですからね。教育意外でも、週休2日は無理があった気がしています。国民一人当たりのGNPはどんどん他国に抜かれています。しかし、「SAMSUNG」の純利益のニュース凄いですね。オイラも製品持ってます。DVDプレーヤーですが、安くて性能がいいんです。この「安くて、いい性能」が日本製品のお家芸だったんですよね、昔は。

2005年01月17日 
21:09 今日は朝から、ラジオは「阪神・淡路大震災」の特番を組んでいました。丁度10年の月日が経ったそうです。私ごとですが、10年前の今日は、出張で老人旅行の随行をしておりました。朝8時頃の出発でしたが、その時点では被害状況もそれほど把握されていなかった記憶が残っています。その年は、3月にも朝っぱらから「地下鉄サリン事件」が起こり、激動の年でした。「阪神大震災」については、昨年4月に「チョット笑えない話」で関連コラムを書いていますので、まだの方は立ち寄ってみて下さい。▲ さて、その年のもうひとつの出来事といえば、「Win95」の登場ではないでしょうか。年号がそのままズバリですから、「あれは、いつのことやら?」と、首を傾げる必要もありません。それまでコンピューターを真っ向から否定していた拙者でさえも、思わず購入してしまいました。購入キッカケは、やはり自分みたいな輩が始めたことに対する焦りです。それ以降、インターネットやCD-R、DVD-Rで楽しんできましたが、10年間使い続けている唯一のソフトがあります。「一太郎」です。こればっかりは、他で代用できないんです。






トップへ
戻る
前へ
次へ