×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日のひとRiごと(2005年6月)
2005年06月12日
20:22 お笑い芸人「摩邪」が面白い。マイク・パフォーマンスで世のチャラチャラした輩たちや行動を痛烈に批判する。我が「ひとRiごと」のコラムと概念が似ていて、遠慮しながら書いているオイラに勇気を与えてくれる。そう言えば、映画「下妻物語」に出演していましたよ、あのヘアー・スタイルで。▲ さあ、首相による「靖国神社公式参拝」問題です。小泉さんは過去に一度も8/15の参拝が無いんですね。近隣諸国の影響を考慮して前倒しで参拝する年が続いています。去年や一昨年は正月に参拝していました。今年はなるべく8/15に近い日取りで行きたいところですが、どうなるでしょうか。とりあえず、その行為に文句(イチャモン)をつける国家の代表格は中国と韓国です。最近、それら両国への世界的なバッシングが多いことも事実です。国際協調に参画する以上は、自国のプライドや政策だけは棄てないと、かつての我が国と同じ歴史を歩んでしまいます。「儒教」はいい教えだとオイラも思っています。でも、世界的に通用する宗教ではないはずです。▲ こんな事を言っていいかはわかりませんが、日本以外のアジア諸国の時代背景や考え方は明らかに古いです。実際に訪れてみて感じた次第です。具体的に年数で表せば30年くらいでしょうか。韓国についてはそれでも25年くらいかな。バリアフリーなんて、韓国の首都・ソウルでは遠い未来の絵空事ですよ。まともな人間だって狭い歩道を歩くのは至難の業です。慢性的な交通渋滞で、無駄なクラクションの音がこだまする国道の姿は、オイラが子供の頃の東京の風景です。
 「そんな未発展の国の連中に文句を言われる筋合いはないさ」
なんか、こう小泉さんが言っている様な気がしてなりません。▲ まだ、けが人や死傷者が出なかっただけマシだったと思うんですけどねえ。マンションの買い取り価格や補償問題で新たなもめ事が生じたようです。「補償」が目的なら、何ら言い分に正当性は感じられません。
 「あんな線路際のマンションなんて、元々他の物件が高かったから買ったんだろう、馬鹿野郎、この野郎め」
まあ、悪戯半分に補償を引き出すというのもねえ。仮にも、公共の交通機関の会社ですから、無ければ付近の住民は不自由しますよ。詐欺や談合で余計に利得を得た犯罪とは違うんですから。



トップへ
戻る
前へ
次へ