×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


今日のひとRiごと(2004年1月)
2004年01月15日
20:32 今日は朝から素晴らしいニュースがひっきりなしに流れた。月面に基地を構えて、火星に有人飛行を計画するニュースだ。米・大統領のブッシュ自らがスポークスマンを担当するのだから、アメリカは凄い。そして更に凄いのが、僅か4日前に「ひとRiごと」で宣言した、人類初の火星到達の夢が西暦2015年に実施されそうだということ。月はたかが地球の衛星にすぎない。ところが、火星は地球と同じ太陽系の惑星である。隣とはいえ、地球外の惑星に人類が降り立つ計画なのだから、実現はともかく、計画が立案されたこと自体が画期的である。2015年はまだまだ私の生存範囲圏、もうあと10年だ。▲ 人類初の月面着陸の名場面から、早くも40年の年月が経つ。アポロ計画もその後は全くの音沙汰がないままに多大な年月が過ぎた。不思議にもかつて、他天体への人類初到達の事件が、経済や産業への活力を与えた。「鉄腕アトム」や「バック・トゥー・ザ・フューチャー」などの架空の物語が現実を追い越してしまった現代にあって、今や未知との遭遇は全世界の人々にとって、待ちに待った科学の勝利の話題とも言える。テロや不景気といった世界的に絶望感を伴う暗いニュースが多い中にあって、少なくとも今後に希望を与えるニュースである。別に、自分が火星に立てるわけではない話なのだけれども。





トップへ
戻る
前へ
次へ