×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日のひとRiごと(2005年1月)

2005年01月14日
20:30 昨日の「ひとRiごと」のスレに関して、早速の情報メール有り難うございました。いつもながら感謝いたします。▲ まず、訂正とお詫びですが、紹介いただいたHPに依りますと、小田急電鉄においては、車両の分類を「系統」ではなく「形式」で行っているそうです。よって、昨日の「ひとRiごと」での表現「2600系」は「2600形」と訂正させて頂きます。拙者は、「鉄チャン」ではありませんので、その分野での知識はそれ程持ち合わせていません。悪しからず。▲ ご紹介下さった「小田急線」「2600形」関係のサイトは以下です。拙者も、自分なりにサイト検索をしていましたが、全く異なるサイトでした。
http://s-liner.hp.infoseek.co.jp/odakyu-2600-1.htm
http://home.att.ne.jp/kiwi/inaka/photo/hozonsha/tujido_oer2600/
http://homepage2.nifty.com/yama-ko/teiten/odakyu/odakyu.html

http://homepage3.nifty.com/romancecar/odakyu-line.htm
http://www.fsinet.or.jp/~mfujimot/enoshima/cars/normal.html#4000
http://www.uraken.net/rail/chiho/odakyu.html

 ▲ 昨日の続きの話になりますが、小田急線は色々な顔した車両が走っていて面白いです。時にはボロくて臭い列車に乗ってしまったり。近隣の私鉄に比べても、その種類の多さは比べ物になりません。特急も走っていますしね。その特急すら、新旧数種類もあります。更に今春には新型の展望席付き特急列車(これぞロマンス・カーだ)がお目見えするそうです。一気に車両を作って、一気に廃車にする鉄道会社ではあり得ない楽しみが小田急にはあります。▲ 「2600形」に続いて、「4000形」も姿を見なくなりました。こちらも廃車されたのでしょうか? そうなると、現役最古は「5000(5200)形」と「9000形」になります。それらが登場した当時、それはモダンな電車でした。なんたって、クーラー付きなんだから。それが、もう引退を囁かれる年になったんですねえ。子供の時に読んだ絵本「機関車やえもん」の話を思い出してしまいました。▲ 追伸ですが、オイラは小田急の旧・塗装時代のことはよく覚えていません。かすかな記憶が残っているということは、おそらく昭和44年頃に現在の白地にブルーのストライプに変わったと思います。昭和45年、小学校に入学しましたが、通学路から見る小田急線は現在の色だったのをハッキリと覚えています。因みに、ロマンスカーは軽快なメロディーを大音響で鳴らしながら走っていました。今考えれば、あの音源って何だったのでしょうか? テープ? MIDIなんかあるわけないし。
 写真: 小田急5200形 南林間駅にて






トップへ
戻る
前へ
次へ